赤ニキビについて

赤ニキビについて


大人になってもニキビに悩んでいる人はたくさんいらっしゃいますが、その大人ニキビには種類があるという事をご存知でしょうか。

大人ニキビには大まかに分類すると、透明ニキビ・白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビの5種類に分けられます。
この種類は、大人ニキビの進行段階を示しています。つまり大人ニキビは、進行具合によって色が変化するという事です。今回は、見た目的にも目立ってしまう赤ニキビについてのお話をしたいと思います。


赤ニキビは、段階から言うと大人ニキビの最終段階一つ手前の段階という事になりますね。皮膚の深層にはアクネ菌が住み着いているのですが、アクネ菌はニキビの皮脂が大好物で、皮脂を栄養源として大量に繁殖します。そして、皮脂を分解して、脂肪酸という物質を作り出します。
脂肪酸という物質は、皮膚にとって刺激の強い物質のため、炎症を引き起こしてしまうのです。この状態が赤ニキビです。

白ニキビや黒ニキビは、一般的に痛みを伴わないとされていますが、赤ニキビは炎症を起こしているため痛みを伴い、できた場所によっては治っても跡が残ってしまう事もあると言われています。
黒ニキビあたりまでの段階であれば、洗顔や市販薬の使用でじゅうぶん改善が見込め、跡も残らないとされていますが、赤ニキビまで進行してしまい、きれいに治したいと思う場合は専門家による施術や処方が必要になってくると言われています。

炎症した赤ニキビを押さえる洗顔の詳細はこちら
583名中91%がたった3日で効果を実感したサプリメントの詳細はこちら

 

TOPへ

ニキビエステサロン
運営者情報
コンテンツ