乾燥ニキビってご存知ですか?

一般的にニキビは、皮脂分泌が過剰な脂性肌の人にできやすいと思っている方が多いのではないでしょうか。しかしニキビには、脂性肌の人にできるいわゆる普通のニキビと乾燥ニキビと言われる2種類のニキビがあるのです。今の季節は特に、女性とって乾燥の気になる季節でもありますよね。では普通のニキビと、乾燥ニキビの違いや原因は何なのでしょうか。


いわゆる普通のニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまり毛穴がつまってしまうことが原因と言われています。お肌の乾燥を補うために、余分な皮脂が過剰に分泌される脂性肌は、毛穴がよりつまりやすく、ニキビができやすいのです。
しかし、一方の乾燥肌の方は、皮脂分泌は少ないはずです。なぜ、もともと皮脂が少ないはずの毛穴がつまってしまうのかというと、乾燥肌の特徴はお肌の皮脂分泌が少なく、天然のバリアである皮脂膜がしっかりと作れないところに関係しているそうです。

皮脂膜の量が少ない状態のお肌では、角質層の水分が大量に蒸発してしまいます。
そして、水分のなくなった角質は古く硬くなり、毛穴もだんだんと細く弱くなっていき細くなってしまった毛穴は、ほんの少しの皮脂でもつまってしまうのです。
つまり、乾燥ニキビができる根本的な原因は、普通のニキビと変わらず、皮脂がつまってしまう事なのです。

しかし、乾燥ニキビの対策に関しては脂性肌の場合とは異なり、たっぷりと水分補給を行い皮脂膜をしっかりつくり、水分と油分のバランスをとる事が大切です。ただし、保湿したいからといってクリームなどの油分をくりかえしつけていると、逆に皮脂膜をつくる力を弱めてしまう可能性があるので注意が必要です。

TOPへ

ニキビエステサロン
運営者情報
コンテンツ