ニキビが炎症を起こしてしまう原因とそのケア方法
人気のニキビエステランキング|ニキビエステ.net TOPコンテンツ >ニキビが炎症を起こしてしまう原因とそのケア方法

皆さんも一度は、大きな赤い痛みを伴うニキビができた経験をしたことがあるのではないでしょうか。このタイプのニキビって赤くて目立つ上に、とにかく痛くなかなか手ごわいものですよね。


ニキビが炎症を起こす原因は、毛穴付近に汚れがあると毛穴から皮脂が出なくなり、毛穴が詰まってしまった状態になりそこにアクネ菌がたくさん繁殖をして、一気に増える事で起こります。
このニキビの原因であるアクネ菌は、多い人では1cm四方の正方形に200匹から400匹もいると言われています。また、アクネ菌は繁殖も早いのですが死滅するのも早く、アクネ菌のフンや死骸などによってさらに炎症を広げてしまいます。
ニキビができると、毛穴の汚れを押し出そうと皮脂を分泌しますが、毛穴が詰まっているために押し出すことができず、皮脂が溜まることによってその皮脂を餌とするアクネ菌が繁殖すると言った悪循環を起こし、赤く炎症を起こしたニキビができてしまうという事です。

ニキビが炎症を起こしている時のケア方法は、まず通所のニキビと同じように、お肌の表面の汚れをしっかりと落とし毛穴のつまりを除去する事です。
気温が低いと毛穴が閉じるため皮脂がでにくくなるので、特にこの時期は半身浴や、体が温まる食べ物などを食べることをお勧めします。そうすることで、皮脂腺を働かすことができ、毛穴の汚れが出ていきやすい環境になります。

TOPへ

ニキビエステサロン
運営者情報
コンテンツ