大人ニキビケアに硫黄はダメ??

ニキビを何とかしたい人にとって、ドラッグストアで購入できる市販のニキビ治療薬は救世主のようなものに思われがち。確かに、ニキビが一つ顔にできるだけでも憂鬱なものですから、いち早く治したいという思いから市販薬に手を伸ばしてしまう気持ちはよくわかります。
しかし、大人ニキビの場合は、使用する薬剤やスキンケア化粧品の成分に注意が必要なのです。一歩間違えると、ニキビを悪化させたり、肌荒れの原因になってしまいます。
その気を付けたい成分というのが、「硫黄」なのです。


硫黄は、昔からニキビの治療に使用されてきました。今でも、硫黄が配合されている塗り薬や化粧水などが多く販売されていますよね。硫黄には、殺菌作用や皮脂を除去したり抑制する効果があるため、確かにニキビの改善には効果があると言えます。

しかし、大人ニキビの原因の多くは乾燥する事にあります。そこに、皮脂を除去し抑制する効果のある硫黄を使用すると、肌のバリア機能となる必要な皮脂まで取り去ってしまい、さらに乾燥がすすむことで毛穴がかたくなり、皮脂が詰まりやすくなってニキビが悪化してしまうのです。
つまり、思春期ニキビのように皮脂分泌が過剰な場合に効果的な硫黄でも、乾燥が原因で起こる大人ニキビには、逆に悪化させてしまう可能性があるという事です。
ですので、大人ニキビの改善の場合は、乾燥を防ぐこと、保湿に着目したケアを行う事が大切です。

TOPへ

ニキビエステサロン
運営者情報
コンテンツ