あごニキビを長引かせないためには
人気のニキビエステランキング|ニキビエステ.net TOPコンテンツ >あごニキビを長引かせないためには

近年、ニキビ(吹き出物)に悩む大人の女性が急増しているといわれています。実は私もいわゆる大人ニキビに悩まされてきた一人で、一度できるとなかなか治りにくい大人ニキビのできる仕組みや、原因を追究してみようと思いました。


思春期のニキビが、額や鼻の周囲などのTゾーン」にできやすいのに対し、大人ニキビは口もとやあごの周辺、頬や首などのUゾーンにできやすく、思春期のニキビに比べて治りにくいのが特徴だといわれています。皆さんも、思春期の頃と比べてニキビのでき方に変化を感じている人も多いのではないでしょうか。
思春期はホルモンの働きが高まり、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まったり、汚れたりすることでアクネ菌の繁殖してしまい、その結果ニキビができやすくなります。
このタイプのニキビは、まめに洗顔をするなど清潔を保つことで、ある程度予防できるのですが、大人ニキビの場合は発生原因が異なるため、対策が少々困難だと言われています。

大人ニキビの発生にはメイクやストレス、ホルモンバランスの乱れ、新陳代謝の悪化などさまざまな要因が関連していると考えられています。
不規則な生活を余儀なくされたり、会社等での対人関係での過度のストレス、エアコン等で、長時間乾燥した空気にさらされたりといったことも、大人ニキビにつながってしまうのです。口のまわりやあごなど顔の下側にニキビが集中してできたり、ポツポツ1個ずつニキビができるようになったら要注意。そのニキビの治りが遅ければ、大人ニキビ注意報が出ているという事です。

大人ニキビは思春期ニキビと原因が異なるため、思春期ニキビと同じ対策ではなかなか完治しません。大人ニキビ注意報がでたら、毛穴のつまりを除去し、アクネ菌の増殖を抑え、炎症を鎮める対策を早めにとることが大切です。

TOPへ

ニキビエステサロン
運営者情報
コンテンツ